目次

  • ●アフリカ時代に経験した、米とアイデンティティの関係性…「おかかごはん」
  • ●お洒落カフェで体にいいメニューを選んだら「鳥の餌」になった話…「『いい』食べもの」
  • ●映画『グラディエーター』における衝撃の食シーン…「パンを投げる」
  • ●食い尽くすはずが「食われた」、尾道の思い出…「ひとり旅」 etc.

購入する

ネット書店で注文する

上記以外のネット書店は『集英社の本』サイトよりご確認ください。

デジタル版を購入する

上記以外のデジタル版は『集英社の本』サイトよりご確認ください。

書誌情報

定価
1540円(税込)
ISBN
978-4-8342-5325-2
発行形態
書籍、電子書籍
判型
四六判変型
ページ数
208ページ

この作品のキーワード

この作品の連載メディア

HB

小説・エッセイ中心の読みものウェブメディア

2017年に誕生した文芸図書編集部の読みものウェブメディアです。村山由佳、金原ひとみ、千早茜、真藤順丈、佐藤友哉、渡辺優、地曳いく子、宇野常寛、賽助、斧屋、ナカムラクニオなど、個性豊かな作家による小説やエッセイの連載、オーサートークなど、毎日をより楽しく過ごすためのさまざまなコンテンツをお届けしています。

※外部『note』サイトに移動します。

著者情報

千早 茜

1979 年北海道生まれ。小学生時代の大半をアフリカで過ごす。立命館大学文 学部卒業。2008 年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作で泉鏡花文学賞受賞。2013 年『あとかた』で島清恋愛文学賞受賞、直木賞候補。2014 年『男ともだち』が直木賞と吉川英治文学新人賞候補。 2021年『透明な夜の香り』で第6回渡辺淳一文学賞受賞。著書に『西洋菓子店プティ・フール』『犬も食わない』(共著・尾崎世界観)『透明な夜の香り』など。

著者情報